Visa Newsカナダ最新ビザニュース

不備のPRカード申請書類は返却されるようになりました

 

PRカードの申請には、申請書のほかに、申請料、写真、過去5年間にカナダに居住していた日数の証明、ID、その他があります。
2011年4月1日までは、申請書類に不備があった場合、審査官が各申請者に電話やレターで不足書類の連絡をしており、不足書類が届くまでは、180日間を限度に、審査を保留にしてもらうことができました。
この方法ではPRカードのプロセス期間が長期化する一方であったため、4月1日以降は試験的に、保留期間の限度を180日から30日に短縮させました。
そして2011年11月15日以降は、以下のとおりにすることに規定が変更になりました。
 
PRカード申請書類に不備があった場合…..
・申請データは移民局に一切記録されない
・不足書類の案内のレターとともに、すべての書類が申請者あてに返却される
・申請者は、書類をそろえて再度あらためて申請する、または再申請しない場合は、申請料返金のリクエストをする
 
この規定変更は、基本的には緊急申請のケースにも該当します。
ですが、緊急の度合いや個々の状況により、書類の返却はせず、電話やその他の手段で申請者に連絡を取る場合もあります。
 
 
 
カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加