Visa Newsカナダ最新ビザニュース

ビザスポンサーをしている雇用主様必見!LMOに関する規定が厳しくなります。

短期外国人就労者プログラム(Temporary Foreign Worker Program)の規定が2011年4月1日をもって改定になりました。

その内容には以下が含まれます。

  • LMO申請書が改定になりました。4/1以降に政府に到着するLMO申請書は、新申請書の使用が必須になります。
  • ジョブオファーに記載されている条件がきちんと満たされているか、会社が州内で実際に経営されているか、会社運営の必要性に応じて雇用が提供されているか等、信憑性が審査されます。
  • 雇用者やその代理人が、該当する労働基準法を遵守してきたか等が審査されます。
  • LMO申請を提出した時点から2年間さかのぼって、実際の仕事や給与、労働条件が当初のジョブオファーどおりに守られているかどうかが審査されます。
  • もし雇用者がこれらに少しでも違反している場合、まずそれを正当化する機会を与えられます。こうなった場合、雇用者は政府と協議の上、外国人労働者に賠償金を支払うなどの適切な修正処置を求められます。
  • 正当化できなかったり賠償金を支払わなかった場合、雇用者は規則を遵守していないとみなされます。
  • 雇用者はその後2年間、外国人就労者を雇えなくなるだけでなく、CICウェブサイト上の違反雇用者リストに名前が掲載されます。

この他にもロースキルワーカーに関する条件があったり、LMO有効期限が6ヶ月となったり、申請書の内容が真実でなかった場合、発行済みのLMOが取り消されるなどの事項も追加されています。

カナダのビザに関する無料相談はこちら

このビザ情報を友達とシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加