Staff Blogスタッフブログ

パーティーシーズンに知っておきたいカナダのお酒事情


クリスマス、そして年末からニューイヤー!カナダも日本と同様、パーティーシーズンの真っ盛りです。日本でも最近はホームパーティー(英語ではHouse Partyと言います)がブームだそうですが、カナダはもともと家でのパーティーが多いですね。パーティー参加者が食べ物を一品持ち寄るスタイルのポットラックパーティー、主催者が食事を用意してくれるパーティーでBYOBと言われたら、Bring Your Own Bottle、好きな飲み物持参で駆けつけるわけです♪

お酒が飲めるようになる年齢

ということで、パーティーシーズンはお酒を飲む機会も増えますが、カナダでは何歳からお酒を飲めるか知っていますか?アルコールは州の管轄で管理されています。なので、アルコールを飲めるようになる年齢も州によってことなります。ほとんどの州が19歳からと定めています。アルバータ州、ケベック州、マニトバ州のみ18歳からとなっています。

その年齢にならなければお酒を購入できないため、リカーストアで購入する際には写真付IDの提示が求められます。また、お酒を中心に提供するバー、パブなどは例えお酒を飲まないとしても入店できません。子連れで・・・というのも出来ないわけですね。お店にでNo Minorsと言われたりサインがあったりすれば、未成年者入店禁止ということです。

野外でのお酒はダメです!

また、日本と大きく違うのは、公共の場所でお酒を飲んではならないと言うことです。日本では公園、ビーチ、時には電車の移動中などに飲酒することがありますが、カナダは法律で禁じられています。なので、道を歩きながら飲んではいけないのはもちろん、夏のビーチでBBQ!公園で桜が満開!!ということになっても、お酒は出てこないわけです。ちょっと物足りないような?

カナダで楽しむいろんなお酒

そうは言っても、カナダの人もお酒を飲んで楽しむことが大好きですよ。リカーストアに行くと、様々な種類のお酒が並んでいます。気軽にワインを楽しむ人も多いですし、パブ文化が盛んなので、ビールの種類も目移りするほどたくさんあります。カナダ、特にBC州にはオカナガン地方がワインの産地として知られていて、安価な美味しいワインを見つけることができます。最近は地ビールがちょっとしたブームで、地元を表現した凝ったラベリングのボトルは見ているだけでも楽しいです。カナダは上質なウィスキーの産地としても知られています。有名なところではCanadian Clubとか。日本でも広く売られていますよね。

飲み終わったらリサイクル!

空いたボトル、缶などリサイクルに持って行って現金化することができます。公営のリカーストアの中にリサイクルコーナーが設置されています。軽くゆすいで、キャップなどは外した状態で持って行けば、その場で数えてキャッシュで返金してくれます。お店によって、受け取ってくれる量を1回につき24本など制限しているところがあります。

では、お酒は安全に楽しく美味しく、素敵なホリデーをお過ごしください♪

Have a wonderful holiday season!!

カナダのビザに関する無料相談はこちら